今回は欠けてしまった三徳包丁の依頼です。


硬くなったお餅を切っていると欠けてしまったようです...

万能包丁ではありますが、刃先は薄く、繊細ですからね。真上から力をかければ頑丈ですが、ねじれて力を入れてしまったりすると、どうしてもこの様な事になってしまいがちです。
ゴツいものを切るときはそれに見合った出刃包丁なりを使っていただくことをオススメします...


さて、今回の持ち込まれた包丁がこちらです。

欠けの部分が目立つ状態です。
これだけ欠けてしまうと誤魔化して使うのも無理ですね。


では、今回の仕上がりをどうぞ!
柄側の刃先は欠けている深い部分まで削り、切っ先にかけては余り削らず整形しています。
そのため、包丁の全長は研ぎ直し後でも数mm短くなっているだけです。


これで以前とあまり変化を感じず、同じ様に使っていただけると思います!


皆様のご家庭にある愛用の三徳包丁が欠けてしまっても捨ててしまわず、良かったら相談してみてください!




・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。
・研ぎ直し、修理依頼はこちら。
084-962-5222