包丁・ナイフ・刃物のナイフギャラリー通販ブログ

ナイフギャラリーでは、厳選した刃物を販売しています。研ぎ直しから、自社製品の製造まで手掛けております。皆様に信頼して頂ける刃物屋を目指し、本物の切れ味をお届けいたします。


自社ブランド商品「甲鉄〜Kotetsu〜」は素材、形状、使いやすさの全てに機能美を追求し続けて完成した商品です。

甲鉄は包丁に求められる全てを追求し、何度も何度も調整した結果のデザイン。

刃元から刃先にかけて、全体に力が行き届く形状、刃先に伝わる思い通りの動き、峰の部分に人差し指を置いた感覚、ハンドル(柄)を持った時の馴染む感覚…

鋼材も特別、この包丁にしか使われていないというものではありませんが、こだわり抜いて大量生産では実現しない、職人が丹精込めて一つひとつつくりあげた製品です。 

海外から高い評価をいただいたことがきっかけとなり、2017年6月に日本テレビ『嵐にしやがれ』にて取り上げられました。

かなりの反響をいただき、現在、たくさんの方にお待ちいただいております。

丹精込めてお作りしておりますので、お手元に届くまで楽しみにお待ちいただければと思います。

硬い人参も軽くスッと切れる甲鉄の切れ味をぜひお試しください!


甲鉄の商品ページ



・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。

http://www.knife-gallery.com


・研ぎ直し、修理依頼はこちら。

http://www.togi-ya.jp


・所在地/連絡先

広島県福山市神辺町新湯野64-4

084-962-5222


スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。

刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。


よろしければご活用ください。

https://line.me/R/ti/p/%40twe1459r

LINEアカウント  @twe1459r



https://www.facebook.com/pg/knifegallery.jp/about/







◉今日は主婦目線でザックリとお伝えします!

包丁にも種類があります。
料理と同じように大きく分けて
《和包丁》
《洋包丁》
《中華包丁》
とあります。

和包丁の主な種類はこちら。

和包丁には主に
・出刃包丁
・柳刃包丁
・薄刃包丁
などがあり、基本的には片刃で、切ったものが離れやすいという特徴があります。

が最近では和や洋を柄で区別したりもします。


こちらが和式の柄

和式は中子(なかご)を柄に差し込むつくりになっており、柄が痛んできた時には交換できます。



こちらが洋式の柄

洋式は中子とハンドルが鋲で固定され、一体化しています。衛生的ですが、ハンドルが割れたり痛んだ場合、修理が困難です。


じゃあ、和式の柄の包丁は和包丁?
かというと、最近は使いやすい洋式の刃になっていて(例えば、牛刀包丁やペティナイフなど)柄が和式というものもあります。



牛刀包丁で和式の柄と洋式の柄。


どちらがいいの?
と聞かれるとお好みですね!
持った感じや握りやすさなど、お試しいただくのが一番だと思います。


ぜひギャラリールームで体感してくださいね!
人参の切り試しもしていただけますよ〜



・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。

http://www.knife-gallery.com


・研ぎ直し、修理依頼はこちら。

http://www.togi-ya.jp


・所在地/連絡先

広島県福山市神辺町新湯野64-4

084-962-5222


スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。

刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。


よろしければご活用ください。

https://line.me/R/ti/p/%40twe1459r

LINEアカウント  @twe1459r



https://www.facebook.com/pg/knifegallery.jp/about/








柄の朽ちた和包丁

(和包丁について詳しくはまた後日、アップしますね)


和包丁はどうしても水分が入りやすく、乾燥機に入れたりすることで、柄が割れたり傷んだりします。

しかし中子(なかご)がしっかりしていれば柄の付け替えができます。


研ぎ直しして新しい柄がつくと生まれ変わったようですね。

柄も各種取り揃えておりますのでお問い合わせください。


・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。

http://www.knife-gallery.com


・研ぎ直し、修理依頼はこちら。

http://www.togi-ya.jp


・所在地/連絡先

広島県福山市神辺町新湯野64-4

084-962-5222


スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。

刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。


よろしければご活用ください。

https://line.me/R/ti/p/%40twe1459r

LINEアカウント  @twe1459r



https://www.facebook.com/pg/knifegallery.jp/about/


↑このページのトップヘ