包丁・ナイフ・刃物のナイフギャラリー通販ブログ

ナイフギャラリーでは、厳選した刃物を販売しています。研ぎ直しから、自社製品の製造まで手掛けております。皆様に信頼して頂ける刃物屋を目指し、本物の切れ味をお届けいたします。

本日、ご紹介しますのは
「越前の兄弟鍛冶」といえばピンとくる人もいるかと思います。

黒崎兄弟の兄、黒崎真さんの包丁です。


鋼材は白紙鋼
黒打ち、積層のモデルです。

幅が少し広めの積層で、全体的にはスッキリした印象です。
ド派手な主張はなく、シンプルで飽きがこないデザインだと思います。

三徳包丁で、非常に使いやすい一本となっております。
また、黒崎 真さんからの意向で、非常にお求め安い価格でご提供させていただいております。

よろしければご覧になっていってください。

プロの包丁が気になる初心者の方から、自分で毎日研ぐような職人さんまで、すべての人に使っていただける包丁だと思います。



・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。
・研ぎ直し、修理依頼はこちら。

スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。
刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。

よろしければご活用ください。
LINEアカウント  @twe1459r





新商品が入荷いたしましたので、ご紹介いたします。

越前のカネ弘打刃物が製造しております包丁です。
材質はステンレス鋼材であるVG10鋼を使用しています。
柄は紫檀八角を使用しております。

梨地

槌目


普通に使っていただけば錆びることはありませんので、ご自身で使われるのも、プレゼントなどにしていただくのも良いと思います。



商品ラインナップはこちらから



・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。
・研ぎ直し、修理依頼はこちら。
084-962-5222

スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。
刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。

よろしければご活用ください。
LINEアカウント  @twe1459r



https://www.facebook.com/pg/ knifegallery.jp/about/


ナイフの研ぎ直し依頼がありましたのでご紹介いたします。

日本で狩りをするにあたって狩猟期間というものが設定されています。
地域によって違うのですが、だいたい11月ごろから2月の中〜3月くらいまでのようです。
依頼主さんの所では、シーズンオフになったのでしょう。

大小、様々なナイフをお預かりいたしました。

包丁よりもハードに使うことが想定されるナイフですから、刃も包丁とは少し違います。
より刃先を強く、欠けにくいような形状にしのぎを作って行き、刃先も、小刃をつけさしてもらってます。

使い方、目的などが明確であれば、より荒く、または繊細に仕上げることもあります。
百人百様、様々なのが面白い所でもあるのですがね。

このような、ナイフも研いでおりますのでよろしくお願いします


・刃物のご購入、ご注文、特注品などはこちら。
・研ぎ直し、修理依頼はこちら。

スマホアプリLINEに「研ぎ」に関するお問い合わせページを作成いたしました。
刃物の写真を送っていただくなど、便利になるのではないかと思います。

よろしければご活用ください。
LINEアカウント  @twe1459r





↑このページのトップヘ